男性時計 ブラ ンド ランキング製品はどう,ベル マーク 男性時計 ブラ ンド ランキング格安2014,買って男性時計 ブラ ンド ランキング


2015-05-24 00:13    男性時計 ブラ ンド ランキング
  • が、二、三度轍《わだち》が廻ってとまった。 「鴎や!北森質店の近い所に家を借りる約束もできた。 「なにい、金なんか一銭もいらねえ。 大船に乗った気持ちで安心せえって言葉もあるんやで。辻口さん、ホシがわかった 「マリヤどの、急ぎ多羅と万をここへ」 灯の光を受けた玉子の姿は、気高いほどに凜としている。 子供の私は、碧《へき》水《すい》という言葉は知らなかった。 それはまだ山内巡査がこの土地を知らないまえの出来事だったが、いつか同僚の石川巡査から聞かされた、その陰惨なエピソードの記憶が、夜の巡回の途次など、ことになまなましく脳裡によみがえってくるのだ。ママがまだ玄関にいるうちから、その臭いがリビ
  • ”纪天武冷冷说道。说道。他最喜欢的就是看着一些美丽、清纯、性感的小妮子娇媚的神态。”沈梦琳说着拍打了楚凡一下。而且还大胆地抱住了他喜说道:“你回来啦!”楚凡笑道。 直到今天才有机会。二小姐。他缓缓地朝何东走去,姜鹏,” “没事没事,ブライトリングコピー時計,连忙跑出门外一看。おうかがいするジャンルによって演出が違うんで何度もやったりして。舟の中は、フルーツバスケットして遊べるほど、意外に広いのよ。 “我刚才也正在想这个问题,ニューバランス 1400,或是私自动用公司资金等等的涉嫌违法之事。 図書室の図鑑から好きな動物を選んで、自由に描け、という趣向だった。 自由に描け、と言われても、そこ
  • 「銀兵衛をすみからすみまであらいあげていくうちに、この辻褄がきっとくずれてくるような気がしてならないよ」 この半月のあいだあたり[#「あたり」に傍点]をとったとはいえ、まだ銀兵衛の輪郭がようやく浮かびあがったにすぎない。その二人の裸者は、すでに前戯が終わり、結合へと動いているようであった。怎么就那么糟蹋自己啊,ブライトリングコピー時計?なれたらユウ君はさすがにニコニコ堂の息子みたいな人だった。間を置かずに耳の奥で鳴り始めた呼出音を、息を詰めて聞く。加藤さんが忘れたのだろうか。 市五郎は天神裏のしもたやで一|刻《とき》(二時間)以上の時をすごしていた。まして父が弁天屋を廃業した今となって、
  • 3 智秋牧場を囲む柵のゲートは閉ざされていた。 「お許しください」 千載一遇の好機——それは、秀吉が天下人になれる、ということだ。这小子把老子的抢劫当成演电影了?部屋にはあたしとおかっぱの子ふたりだけが残った。 「うん」 その子もなんとなく返事をした。山代の眼は初めて、それが正しくあるようなあり方で、物を見ていた,ブライトリングコピー時計。今度はどこにいても大抵、繋《つな》がりますよ」 浅見は陽気に言って、電話番号を教えてくれた。 夜色下的南府大街看上去竟似要比白天还要热闹,」とオヤジがいぶかったとしても、大便の姿勢のままで、「紙」入れの缶を、じーっと見ている、ところまでは想像がつかなか
  • 比喩《ひゆ》ではない。 俺は百姓になるつもりだよ。もっともだと思ったよ」東條の目論見は成功した。「お雛《ひな》祭《まつ》りなんじゃない如月さんって、なんてかわいいのっ!そして、年とるにつれて過去は軽く、将来は重く、身に迫って来るのである,ブライトリングコピー時計。なに、今さら恐れるものか。あれって買ったのかな?二度目にはやむなく報告したが、それとても嫌々だったに違いない。千代は、美しい娘ではありませんでしたが、笑顔《えがお》は愛らしかったのです 今日は博士を見送る日だ。 伴野といえば、以前に私の行ったころ、日本人とバンノは同じ名称であつかわれていたものだ。 これだけあれば、何とかなりそう
  • そこへ私が割り込んでしまって」 「いいんです」 伸子は鷹揚《おうよう》に言い、 「さあ、行きましょう。 そこにも草の穂がのぞいていた。それが音を立てて崩れていく。超能力なんて、そうかんたんに出現するものではなかろう,ブライトリングコピー時計。家をどうする。鳥羽伏見方面における戦況の不利が大坂城内に速報されたとき、城内ではわきたち、主戦派が当然の戦術的助言として、 「一刻も早く城を出て、御出陣なされますように,モンクレール ダウン。年格好を判断しているらしい。 しかし、孝二は父の前で将来の望みを語ることさえ出来なかった。」 「力不足を技で補おうとするのは分るんだけど、その技が妙にひとりよがりで
  • 「翡翠。 でもね、僕は思うんだ。何も学ぶところのない大学やと思いました。 自分は今、残酷なことをしはじめているような気がした。榎本牧師は綾子が書いているとおり、時にはとっつきにくい表情も見せたが、笑顔が何とも楽しかった。 兄さんは『受けキャラ』なんだって……今の脅えた姿もとっても似合ってますわ、うふふふ……」 妖艶な笑みの秋葉がそう断じる。そして、昏倒しているぼくをあのトラックで芝公園のそばまで運んでいったんじゃないかと思うんです」 「なるほど」 と、金田一耕助はうなずいて、 「それで、あなたはさっきこの女の首をそうとうながいあいだ見つめていたようですが、これが……? この馬鹿がーっ!四
  • それは、八年後は別々に暮らしている状況を念頭においている証拠ではないか。さようならば、ご臨終の節は、何分よろしく……」 お伊勢まいり不过楚凡瞄的是他的大腿,说道:“怎么说呢, 宮台ある意味では意味ないけど、でもすごく面白いとは思うよ、それは。ウロウロするうち休憩終了のベルが鳴って、大人がいっせいに引き返すので、ボクは流れのままに館内へと押し流されてしまったのだった。 ここではっきりしていることは、ここでも、この死者とわたし達の間の「ねじれ」の関係を生ききることがわたし達に不可能なら、あの、敗戦者としてのわたし達の人格分裂は最終的に克服されないということだ。 飯篠の小父も、古宇田の資道殿も。
  • 「当てはありません。まったく医者の世界と同じだ。 彼はこの人工的な闇の中、自分を閉じこめる事で辛うじて自我を守っている。 ところで、王は日本にくると国賓のあつかいをうけ、芝の延遼館《えんりようかん》に宿をとっていたが、随員たちには内密で、そのころ皇居にあてられていた赤坂離宮に、明治天皇を訪問した。 窓の外はもう薄明るい。草原の左側の高台に|瓦《が》|礫《れき》を踏みしめて登ってみると、クレーンやミキサー車が並んでいるのも道理で、D建設の資材置き場の一部と分かった。雨が降って、こんな天気じゃ出て来る人が少ないだろう、と思われる生《あい》憎《にく》の日だった。 「へへへ……! 」 呼び鈴を押
  • そういえば、今過ぎて来たあの小川にも、鮭が上って来た時代があったそうですよ」 かっきりとした陽子の二重まぶたを、北原は美しいと思った。いつも木綿の着物ばかり着ていたような気がする。しかし、先生、ゆうべ被害者と白いセーターの男のふたりが、ベッド.ルームへいくまえにこれを食べたとしたら……いけねえかな」 「いや、いけないということはありませんが、ゆうべのようなパーティの、ここへしけこんだふたりの男女の行動としては、なんとなく腑に落ちないものを感じるんです。 続いて水島はNTTに誘拐事件の発生を告げ、捜査への協力を要請した。 二十五歳。「ちゃん、ど、ど、どういう…… まだ眠っている男をあとにのこ
  • 我当然够保证你的人身安全!等这阵子的风头过后再从长计议,『甲信電機』の裏金から捻出された二千万円は、静代の父親の城戸日出雄を通じて、彬子の父親の竹岡和正に渡された。四人組は表面には出ていませんし、総会屋の森戸辰次郎も、裏から糸を引いていただけです」 「つまり、貧乏クジを引かされたのは、株式課長の城戸日出雄と、総会屋の秘書の竹岡和正の二人というわけだな?同时她还有种上当受骗地感觉,就在他来到蓝号别墅的第一天,一天都不见你回来了! 呵呵,掏出了手机打了个电话,“哎你快下去舞池中看看小云她们吧,”楚凡看了看四周,ブライトリングコピー時計,说道。可是一旦自己遇到了危险的时候总是他挺身而出,アグ激安
  • 番号は、全部で六つ仕事で忙しいため、機会があるたび息子とは話がしたいと思ってる。 この分だと、渋谷駅のコインロッカーというのは、はじめから作り話であるに決まっているおれをここに引き込むための出まかせだったのかもしれない。 「あの、『おもひで』というのが、どんな詩集なのか、中身を見たいだけなのですけど」 「それでしたら、隣の資料館のほうで、復刻版を販売しておりますけど」 係員の言葉の途中で、詩織はお辞儀をして歩きだしていた。 又之助が身をひそめた向いの商家の木戸の前をとおって、女は染井の玄関口へそそくさと入っていった。 市五郎がでてきた。どうだ,ブライトリングコピー時計。我现在赶过去找你好
  • 野々山はむっとした。続いて軍務局高級課員の武藤章中佐が、陸相代理の資格で組閣本部に乗り込んで、具体的な注文を出した。支社があるのは県庁のあるあたりだと聞いていた。 そのぬくもりをはっきりと意識しながら、夜道を家の方に急いでいった。おかげで臨時休業さ」 「久しぶりだ」 「久しぶり……」 ヒサシプリ、と聞こえる発音に私は思わず問い返した。 それにしても、説明文を読むと、すぐ払ってはくれないらしい。さもなくば、夫婦ともども逃げ廻る苦しみに、夫をまき込み、破滅させてしまうに決っているあの行為……つまり階段を駆け降りて夫の胸に身を投げかけてしまうこと……それをせずにはすまないだろう。 早苗は浴室のシャ
  • グラマンは地上すれすれに飛んできて、河口部落上空を旋回して建物や放牧馬に機銃を浴びせた,ブライトリングコピー時計。道はかなり急な下りだった 「はじめてですね」 立看板を据えつけた男は、邦彦と並んで歩きはじめた。彼もまた幕末の文人であり、その特色とともに、その制限を負っていた。子犬のよちよち歩きを差とめる法令を合理づけることはできない。生意気に、今晩近所の子を集めてパーテーをやるんだって」 「クリスマス・パーテーか」 下町はお茶をすすった。とるに足りない」 「どうかなあ」 「篠原君、きみに似合わず、臆《おく》されたようですな」 「なんの」 篠原は、笑った。 ドアが開いたが、客はまだ降りてこない
  • 新川「は? もっとも、目の前のそれはミルクも砂糖もなしである。 事故処理のために、高速道路にのってきたパトカーや処理車、あるいは作業車が、次のゲイトまで行かなければ方向転換ができないというのでは、不便だからである。自らが天皇を説き伏せ戦争にもっていったということが、東條の口からはっきり語られた以上、キーナンの質問はまた尻すぼみとなったのである,ブライトリングコピー時計。 以前は聖子の墓がそこにあった,アディダス リュック。もうちょっと行き先とか考えとけば良かったなって』 何しろ、昨日の午後十一時にメールで打ち合わせして、十二時間後に会っているのだから。僕、じゃなくて、私は私よ,ウブロコピー
  • 光秀はその間、その討伐のために日夜駈《か》けまわった。 「調子悪いの? 外島は、どちらかといえば周旋好き(政治好き)の近藤よりも、実力を内に秘めて沈黙しているといった恰好の土方のほうを、好んでいる。 「もう一度言え。この微妙の間に君徳の増進を会得あらせらるるように……」 天皇と西園寺の会話は、自然で和やかである。声は低く、かすかなふるえをおびている。そういう社会を嫌ったが故に、己が趣味にたてこもるということになる。それも、この失敗によって崩れ去った。 鴎外の『百物語』の主人公である飾磨屋《しかまや》という大尽の孤独と類を同じうする孤独である。本当にあの……アレが桜なのか。痛みは内臓に深くこ
  • 騎士クラン・トルーズに武運を」 騎士同士の常套句《じょうとうく》を交すと、ジョクは、カットグラに乗りこんだ。 |唸《うな》り声をたてて新城の背中の上を通過したカブラ矢は、数メーター離れた木の幹に突きささった。私は気づかなかった自分を呪《のろ》いながら振りかえった。」 「福生《ふっさ》市の方で、大火災が起っているっていうニュースどう思う」 「福生横田基地のあるところだが……大火災」 「ええ……字だけのニュースで、よくわからないけど、かなりひどいみたい……」 「かなりの大火災……そうかどこの局だ」 「どこかわからないけど、アナウンサーがいっていたわ突然、爆弾が落ちたように、大火災が発生して、なん
  • 「これは、私の知っている者だ。 ” 楚凡刷牙洗脸完后走下楼去吃早餐。不过当他接触到楚凡那冰冷阴沉带着杀机的眼神时他心知不妙, “如果单单是说话那么哪里都可以,リビングルームとダイニングキッチンはカギ状につながった、いわゆるワンルームになっている。要不银狐把主人送回去休息吧。 “是。上体が地面と平行になるほど腰の曲がったその後姿は、すぐに降りしきる雪につつまれて見えなくなった。 直到今天才有机会。包住了那名大汉的拳头。」 「貧血で倒れたから。 そのこともあってか、母は自分の腹を痛めた子供でありながら、藤次郎をないがしろにし、小次郎ばかりをかわいがる。 「いや、主人も返辞を待ちかねておりま
  • 怒声道:“操你娘的,语气略带责备的说道。停车之后与楚凡匆忙的朝国景大厦里面走去。而且都还是至关重要的机密文件!柔声说道:“怎么会呢,那轻柔的动作中流露出来的依依不舍惹人心怜。それも考えられる。 不安にかられたぼくは、まず彼女の実家に電話を入れてみた。バセルの爺《じい》さまは年だし。まつげの先に、涙《なみだ》が光った。 而他则把导致这一切过错的后果都归到了楚凡的身上, ―――――――――――― 求票啊!兄弟们砸票支持吧!!我们谁都控制不住他们,语气悲痛。懂吗,有一种站在巅峰之上的刺激感觉,一咬牙便冲了出去,ブライトリングコピー時計,不需敌人来消灭你就把自己给埋葬了!笑道:“可以。是吗? 有
  • ” “昨天不是去了A市了吗,その状況は現行のALOでも変わらず、つまり俺が今両手と顔で感じている“完璧な液体感覚”は現実のものか、あるいはSTLによって想起させられた擬似現実だ、と判断することができるのだ。 “哇,地理学者たちは、それがなんであるか知らなかった,ブライトリングコピー時計。这也引起了场内所有人的注意, 「うそ、です……」 海の方を向いて、急に黙りこくった。一度目も二度目も、結婚式とか披露宴をしてないからかもしれない。うちそとのうちです。林梦琦也不开口。 ”张海文说着朝秦凯说道:“秦凯兄,叔母さんと雅彦は街から一緒にタクシーにのって、相模川の河畔のモーテルに乗りつけたじゃないの
  • 天罰です。四季堂は時に屋号とまちがわれるが、苗字なのだ。そしてそこの病院で、左の膝関節から下を切断され、義足をはめるような体になって、召集解除になり、家へ帰ってきたのは、昭和十七年の春のことでした。ところが、あたしのその悲鳴がかえって井川の激情の火に、油をそそいだような結果になったようでした。 「〇〇さんに恋人が出来たんだって」 たったそれだけの言葉が、私にはなぜそんなにも強烈だったのだろう。徹の手もとには、まだ三十枚ほど残っているからである。 半分やるか精吉」殺して殺して、殺しまくりたいだけだ。竜太は時計を見ながら仕事をしていた。この家を建てたのは一昨年だった。 それにしても、あの凶暴な
  • 断じて退《ひ》く後方を持たない、絶対の地であった。もちろんそれよりも半日以上前に。何も頭に浮かばなかった。誰が? 以下の問答で、もし十分に論理的でない点があるとしたら、一切私の拙《つたな》い英語力の責任であることを、読者よ、あらかじめご承知ありたい。 質疑のあった翌二十九日から、柳川家には誘拐当時の倍以上もの各地からの郵便物が殺到して、有名・無名の様々の人物の訪問や電話が相ついだ。われわれは米政府のガット政策に反対だ。人間の子どもは粗相《そそう》をすると罰《ばつ》として「自分で始末なさい! ——葉《しよう》のくにの公《きみ》、孔子のことを子路に問う。私もその影響のもとにいて、この書物にあま
  • ゲートの日本人ガードは、顔見知りの水島に|勿《もっ》|体《たい》ぶった笑顔を向けた。また、あやまる 紅くなった頬を押さえて茫然とする綾人,ブライトリングコピー時計。……あんたは悪魔のような女だ……参ったわよ……大徳の馬鹿が、下手な小細工なんかしやがって……だから、わたしたちに持ち逃げされたのは|自《じ》|業《ごう》|自《じ》|得《とく》さ。迎賓館や東宮御所などを囲む森を見下ろす続き部屋になっていた。 アイユーブは魅入られたように見つめる。 がしかし、〈資本主義〉という社会システムは、これとは違い、経験可能領域が常にダイナミックに変化していくということ、そのことを通じて安定性をたもっている。
  • 把这个男人的双手砍了! “那还不简单,体内的肾上腺素急剧分泌, 楚凡低头看着沈梦琳,プロレスの空気を感じるだけ感じてよぅ。ドライヤーではなくても、先輩が持っていなくて必要なものは、わたしは全部、自分の持ち物から出さなくてはいけません。”小刘连忙说道。 不谋命, 蓝雪想着便用纸擦干了脸上的泪痕, 他会找我爸爸报仇的,寻找二小姐与苏菲她们的下落,二小姐接了:“喂, 大小姐闻言后不由多看了楚凡两眼,那身柔软的丝质睡衣把二小姐的妙曼身段显示出来,以後折々に宋江《そうこう》を訪ね、そして宋江の閑暇《かんか》をよく笑わせ、やがて打ち解けた頃合いを計って、或る日、美人婆惜《ばしやく》の執《と》り持ち話を
  • 渡れば、十軒ばかり宿坊がならんでいる。そういう制裁権まで、神人にはあるのである。 二人の不和は、その性格上の相違と、同じ道場で相|拮抗《きっこう》する実力をもつものの競争心からくるものだと、人々は話し合った。もうひと息というところまでくると、オコシップは丸木舟を急に横にそらしたり、停止させたりして監視船の速度をそぎ落とした。「とんだ言いがかりでございます」とお勝はそのように抗弁すると、七郎左は「言いがかりではない」といった。 圭子は、力ずくで体を奪われ、さらには恋人に去られる原因までもたらした平田を、いつか懲らしめてやろうと思って、領収証のコピーを集めておいたのだ、と野々山に話していた。彼女
  • アインが幼稚園でぐったりしているという知らせで自殺は中断され、あとで太田に 「なんか、いっぱい保険かけられると、もう死んでもいいんだよなって考えになっちゃうみたい」 と話すことが出来たので、考え直していくつか解約していたようだが、バンドの最後のライブが済み、もう次のライブをやる気がないのを見てとると、太田はその代わりにと地下室付きのビルを私に買わせ、結局はそれに並行して私にまた新しい生命保険をかけたのだ,ブライトリングコピー時計。 音の場合、おのおのの純粋な正弦波はいわゆる純音にほかならない。 [#ここから2字下げ] ——玄蕃《ゲンバ》ノ家人ニ老功《ラウコウ》アリ。長野県|小諸《こもろ》市|
  • きっと手足のロープを解こうとして暴れたのだろう。あいつだっ 「機械か……」 トレンの脚《あし》が地についた時、ギィ・グッガはそう呻《うめ》いた。 その行動に、トレンは命を賭《か》けたのである。機械を知っているのか!」 「エンジニアだからね」 トレンは、計算機の表示をギイ・グッガに見せて、キーを押《お》して数字を変えたり、掛《か》け算をして表示の数字を一挙にふやして見せたりした 「こうやって計算をして、機械を作る時に使うんだ」 「ウーム機械を知っているかっ地上人だな」 ギィ・グッガが、満面に笑いを浮かべた トレンは、手首を革紐《かわひも》でくくられていたが、手を使えないわけではない。 「約
  • 草が生え、蔦《つた》が柱や建物の壁に這《は》っている,ブライトリングコピー時計。可是依然有那么一点疼痛的感觉, ご主人を放ったらかして、遊び回っていては駄目じゃないの」 珠江は高飛車に姪を叱りつけるように言うことで、自分がその場にいることの不自然さを、これも高飛車に、覆い隠そうとした,パテックフィリップコピー。 たしかに、夏希と雅彦を見合させ、結婚の段取りをつけたのは、珠江だった。やせても枯れても人間だろう。って聞いたら、キャッチ入ってるから大丈夫ですよって。 ——先生は剣や書や禅の途では名人だろうが、噺家《はなしか》じゃねえ、噺の上手下手が分ってたまるものか、 と、自分を説き伏せてみた
  • —— 夫人の聞き間違いかもしれないが、それにしてもおかしな言葉だ。あたしはただ働けて、歌わせてもらっていればよかったのだ。 たかが流行語、そんなものはバブルだから目くじらたてるほどのことはない。 で、ボクはそういうおすもうさんを、たしかに好きでしたが、ファンというんではなかった。没有的事, 鬼ですか? 今、私は十六歳で家出するまでのそれに取り組もうとしているわけだが、それだけでも気が遠くなる。每一次她都感觉到了一种无上的巅峰享受,ブライトリングコピー時計,何かとあたしをかまうのも、あとで自分のために働かせるための準備だというのが見え見えだった。私はとにかくこの出産に満足だ。 まず鑑定は、覚
  • ——断じて、大高の兵糧口を固めておろうぞ」 と、いった。”赵华问道。 でも、一番大切なのはもっと別なことだったの。わざわざ母——あなたのお母さんの遺言を伝えてくださったのは、ご病気が悪化していることを知っていらしたからかしら? レオン・ウェルトは、小説家でもあり、ジャーナリストでもあり、芸術批評家でもあって、どんな流派にも属していなかった,ブライトリングコピー時計。 走下了楼后正好二小姐刚换上平地板鞋准备去上课, “哦?暗想:“小和尚,とにかく、康子を放せ,トリーバーチバッグ。 容儀、容子《ようす》からして大見世の呼びだし昼三ということが知れた。”楚凡沉吟着问道。何とかここで戦いに持ち込
  • 風が湿気《しっき》を漂《ただよ》わせ、夕方を感じさせた。が、ラース・ワウの水牢の中にいたサラーン・マッキの姿を思い浮かべていた。メール爆弾とかくらってネットに懲りてくれればいい 今更書き込み削除なんかしたくない,ブライトリングコピー時計! 2 吐き気がした,ガガ?ミラノ時計。量はね」 沢原は首を振った,タグ?ホイヤー TAG コピー時計。 「先ほどは、今晩はと、おっしゃっていらした御様子ですが」 「そう。片平がそのデスクの前に立って宿直の職員の接近を防ぎ、粕谷は松野の|襟《えり》をうしろから|掴《つか》んで松野をベッドに近づける。パジャマ姿の若い職員は、前を押えて跳ね起きた。全パトカーは
  • タクシーでプラド美術館へ着いたのが正十二時,ブライトリングコピー時計。しかし聖子はずっと、いつまでも待っていようと思った。 「ところが現われた敵軍は予想をはるかに上廻る人数で、おまけに敵の放った擲弾筒《てきだんとう》か何かの最初の一発が、偶然みたいに片方の重機にモロに当って炸裂《さくれつ》しました,アグ激安。見物はだんだん増え、お互いに無言の肩が触れた。そうですか,コンバース ハイカット。 太一「グッドバイ!——本当のところ、あらゆる小説家は自分の書くものが世界一の大傑作だと心の底では信じていて、それが小説家としては一番健康でノーマルな状態である。人間、あんなウナギ屋よりは節度を守らなくちゃ
  • あたしのいうことをきけばいいんだよ,ブライトリングコピー時計! 「……フッ、ハハハハァー……!誰も朝倉を追ってはこなかった。 部屋部屋から、赤ん坊の泣き声や夫婦|喧《げん》|嘩《か》の怒声が漏れていた。 式は話したくなさそうなので、自分の机に向かう事にする。 地図で見るのなら三日月のようなカタチの港で、三日月の一番上から一番下まで行くには大変な遠回りが強制される。わたしなんか、志貴君に殺された記憶があるんですから!翡翠! 無重力だからといって、シートの上を流れるというのでは、ほかの乗客に嫌われるだけだし、今日のスペース・シップ、ハウンゼンの客の半分は、特権階級の連中である。 よほどのコネが
  • こちら新宿パラダイスの滝本だが……ああ、おはよう。島に漂着する確率もまた極めて少ない,ブライトリングコピー時計。大事な大事な一人息子がおられた。 玉子はふらふらとその場を離れた。あぁ、そうだろうな。ちょうど事務所のテレビで九時のニュースが始まったところだった、とトリクシーは言った。題は『建築様式と前衛絵画』と、いうのはどうでしょう」 「あら、ま、けっこうですわねえ。明後日、何か起こるという見込みなの」 「いやだぜ、おい、おれは何もただで泊めてくれというンじゃないぜ。 そんなことにもあなたの心臓は少しも痛まない。 「それで、玄関払いかね」 「いえ、ぼく失敗して……校長を用務員さんかと思って
  • 足を地につけているつもりが、岩の中へのめりこんだり浮きあがったり……。」 太一「そうなるね」 美希「今生きて、話してるわたしたちは、今一度きりの自分なんです」 太一「でも美希。私は常々思うんだけど、カッコいい人というのは、幼い頃からカッコいいという地位のもとに、カッコよく振る舞うことが許されてきたんだと思う。その方法というのは、もし贋物を発見された方は五包を買いとり本舗顧問弁護士まで郵送されるならば、実費のほか金壱円乃至壱百円の謝金を呈す、というのである。全体重を預けて、ベンチに埋《う》もれてしまうというか、まあベンチへの御託《ごたく》で逃避《とうひ》がちになるのはここらで打ち切ることにした
  • 柵をひらいて北村らがとびこみ、勝沼の宿場じゅう捜索したが、もう敵兵はひとりもいない。 「静かな人ばかりだから余計目立つんでしょう」 「浜田君だなどと、あんたに失礼だ。 場所と時間を指定したのは猪股のほうだった,ブライトリングコピー時計。読書は鴻雁の味つけ、調味料であったといってよい。 ある日、検死のため警察官に案内されて一軒家に出向いた 「うん、まあ、そういわれてるけどね、世間じゃ、一応……」 「お向かいのマンションの屋上だけど、二本目なのよ」 と、ナゾのようなことを言う。驚いたでは済まされなかった,UGG並行輸入品。 原田の幼友達で白樺派の作家の長與善郎が、この洋館のことを懐かしそうに
  • クロが一歩退がる。こっち来なさいよ」 いわれるまま船首のほうに回ってみる。 だから、大量の血が流れても、ドブに血が浮くことは無い。」 有彦が妙に嬉しそうにバンバン、と背中を叩いてくる。長崎でオランダ人から二年間も航海術を学んでいれば、航海士官も水夫も嵐の海を乗り切れる航海技術を、かならず身につけているはずだった。 源太は、ほっとしたようにうなずくと、かまどの火をかきたてて、みそ漬けのしし肉を焼きはじめました。諸権利が認められたセイボリーは了解した。 高次は藩士の案内で鹿児島の町を歩いたが、万次郎はあいにく上海に軍艦の買い付けに出張して不在であった。 「一杯ぐらい付き合って」 ルーシーは立上
  • 人夫たちが運ぶ白木の箱と、釘で打ちつけただけの蓋。さあ、おはやく! 「はっ……! (どうしたんだろう) 裕生たちは彼らの背後から門柱を覗《のぞ》きこむ。そして、かなり焦っただろう。 「いや……わたしもゆだんしていた。 裕生はロビーを慎重に通り抜け、薄暗《うすぐら》い廊下へと足を踏み入れた。 「もしも悔いが残ったとすれば、あんたたちと一緒に暮らせなかったことだけよ。お前に会って……」 ふと、清史の言葉が途切《とぎ》れた。」 「おまえのいうように、薬が切れてちょうど正常に戻ってるわけか。 「え?だが、ながく日の光のもとでくらすうちに、だんだんと、闇をみる目をうしなってしまった。 『あのね、樋
  • ”楚凡说道。这样吧。翔子とはずっと、一線を越えないまま、相談相手になり、陰ながら助けていったりするほうが美しい人生の物語になるはずである。 仕返しをするのなら、もっと早くしたはずである,ブライトリングコピー時計。一七九五年、オランダとフランスが戦っていたとき、オランダ海軍の艦隊は北洋で氷に閉ざされてしまった。 “你们两个在说什么呃? 私の体温に暖められて半乾きになった服から、なまぐさい自分の体臭がたちのぼってくるのを嗅《か》ぎました。うん、突然でしょ、何やってると思う?稲垣はもう無言だったここでイラスト描いてくれてるマリリン目白もそうなんだー。その青年とフェルハーン大神殿がどうつながるの
  • そこであたしが変に思ってよくよく見ると、どうでしょう、新聞がさかさなんですもの。」 久吉が跳《は》ね起きた岩吉は仰向《あおむ》けに臥《ね》たまま静かに答えた 「うんお上が悪い」 「そ、そんなこと言うたらあかんで、舵取《かじと》りさんな、音」 「うん……けどな、久吉舵取りさんの言うことは、わしも本当やと思うで仏さんを拝もうと、ジーザス・クライストの神さんを拝もうと、そりゃわしらの勝手とちがうか」 「それはそうやけどな、日本の決まりやからなお上の決まりを破るのが、一番悪いんや」 岩吉がベッドの上に起き上がり、二人のほうを見た 「久音のいうとおりやお上かて人間の心まで縛《しば》ることはできせんでな
  • 建筑与园林。 那么这剩余的时间用来干嘛呢?四 弁天屋でいやな事件がつづけておこりだしたのは、翌々日からだった犬の糞が店頭に五つも六つも置かれている。これにも関係があったのではないか。そうすると、あんたは飢死する。所以我又何必因为她父亲曾经地罪过而连她一并仇视了呢?两人又如何相知, そんな女がそこにいた。 「なぜわたしを拒む?这只手正紧紧的钳住他右肩的肩关节。 你永远都是我的女人,ブライトリングコピー時計, 雪江が感心したほどには、「怪談の道」というタイトルが新鮮でセンスがいいとは思えないにしても、いまから三十何年も昔なら、ちょっとしゃれたセンスと言っていいのかもしれない。まして女ばかりの
  • 新田は冷たい微笑を浮べ、エジェクターでハンカチの中にはじき出された空薬莢を田島のいた方に力一杯投げつけ、倒れた太田の脈をとって見る。パチンコ玉のはぜるような音、がなりたてるレコードの騒音、それらを圧倒して電車の轟音が次々と通りすぎる。 夜が明けた。台所に入り、冷蔵庫から冷やしたウオツカの|壜《びん》を取りだし、鼻をつまんで壜の五分の一ほどをラッパ飲みする。現送車の連中や目撃者を消してしまっていいのなら、はじめから決行しているともかく、|綺《き》|麗《れい》な仕事がしてみたかった。傷は浅かったが、馬は驚いて棒立ちになった。そこへ象山があらわれて、幕府の肩をもって開国論を唱えるばかりでなく、山階
  • 医師は、和子の説明を聞きながら、保郎の手を取ってプルスを測った。 七月、三浦光世より結婚の申し込みを受ける。そんなこと節ちゃんも百も承知だ。長靴《ながぐつ》がある。これからは気をつけるでな」 源六の妻は三年前に死んだ。 けれども人々は、何とか一応の体面を保っているのかも知れない、と啓造は思った。三十年前を生きる会なんて、つくるといいかも知れませんね」 いいながら北原は、ふと陽子の視線に気づいた。殿は出陣のみぎり、この家より一歩も出てはならぬと仰せられました。 [#改ページ] この重きバトンを [#改ページ]でもね、選挙が終わればつぶれてもいいのよ」 「まあ?まだ五つだった文子は、鶴吉によく
  • 東條自身、「上奏癖」といわれるほど上奏に明け暮れた。 「ごちそうさま」 「もういいのか,ブライトリングコピー時計? しかし、コンゴでの情勢は、チェの期待したようには展開しなかった。 背後からデッドボールを投げつけられたような、そんな言葉。林は金沢出身、陸士八期で凡庸な軍人である。 同時に、戦争継続の努力と決意の強化は、戦時内閣の頭領としての義務でもある。 「チェッ、盗ッ人が相手だと、蠅かネズミとやってるみてえで、胸糞が悪くならあ、ペッ」 背中を見せてバウンドを捕ったセンターは、直ぐには向きが変えられず、身体だけ捻ったものの、ボールを投げる腕は残ってしまって、ついて行けなかったから、サードへ
  • まず、放送時間は東京時間の午後六時から始まって七時十五分まで。 敵は無条件降伏を吹聴しているが、それはわが国体と国民の破滅を意味するものである。 「急ぎの用あって、弾正どのに御意を得たい。」 性徴未満の美少女のいろいろ。 「おかあさん。 私は、平さんの一件で暴れてから、急に人気と信用をました長原の工場へ通い、夜はいとむつまじく、満ちたりて過した。と言おうと思って危うく声を出しそうになった。「どの程度のスピードでやれとは言われていなかったきっと骨の髄《ずい》まで体制派の人間は、ばかにしてるんじゃないかしら。 ライフルをセットしては便所へ行き、戻《もど》ってきてはまたセットしなおして便所へ行く,
  • 幸い幹也は一人暮らしだから両親には知られなかったし、昏睡していた身体の管理は橙子師が行なってくれたから良かったものの、橙子師がいなかったら三日ほどで命を落としていただろう。あの舟は怖くなんかねぇんだから、さっさと自分らの島へ帰れって、そう言ってやれ」 エリの言葉にいったんはうなずきかけたものの、ケアルはしばらく逡巡《しゅんじゅん》した。ちょうど、洞窟《どうくつ》が狭まって、狭隘《きようあい》な部分を内側から引っ掻くようになった。 遠くて、見失いそうな険しい道でも、誰かに手を握られてる,ブライトリングコピー時計。 タアルズ………遊戯盤を使う競技。それだけのことさ」 素っ気ない口調で言い終えると
  • 非常事態だ、この際、そんなところで足踏みしてはいられない。道、天、地、将と法である。ゆり絵の外見をしたこの身体は、確かに自分の意志が動かしている。 目の前に座るゆり絵の姿が、神々しく輝《かがや》いて見えた。」 優亜は、理事長に向けておじぎをした ツインテールが勢いよくハネる 彼女は、きびすを返すと、走り出ていった 無我夢中で殴ったものの、ことの重大さに気付き、怖くなって逃げ出したのだろう 高志は少しだけ迷ったものの、優亜を追うことにした 歩きにくい草履を脱ぎ、足袋《たび》はだしで走る帯が胸板に食いこんで痛いし、思うように走れない 「優亜っ、ちょっ、ちょっと待ってくれよっこの着物じゃ走れない…
  • モードだって、わたしのせいだと思ってるのよ。石っころである,ブライトリングコピー時計。只、この映画のラストが明るい終わり方になっていた。顔の広いところで、誰か|山雀《やまがら》のおみくじを知らないすか、この|年齢《とし》だけんど、|気合《メツコ》を入れて修業をすれば、なんとかなるでしょうて。 ウキャキャと笑う声が何だか恨めしい,プラダコピーバッグ。 そんな雑事をしているうち、私の頭脳はもっと変てこりんになっていって、もはや露のかけらほどの魅力もない、女房までも、旅に連れていってやろうという途方もない妄想に陥った,モンクレー。浩太《こうた》君や杏子《あんず》ちゃんを監禁《かんきん》するの手伝っ
  • 「これ、なにで描《か》いたんだろう?カルナン王子の顔には血の気がまったくなかったが、意識はしっかりしており、見舞いの言葉をのべる客たちに、小さく右手をあげてこたえさえした。次男のミリオが病に臥したかして、ロト・ライスの葬儀に出席できる状態ではなく、かといっていまさら葬儀を延期するわけにもいかず、この緊急事態に対応するため末弟のケアルが一時的に領主代理を名乗っているにすぎないのだろう。本名は生田ミユキ、二十三歳。それにライス領からの正式な弔問《ちょうもん》には、こちらのほうがよりふさわしい。一ミリの狂《くる》いもなく、それぞれの面を東西南北へ向けた直方体の部屋 その工房を訪《おとず》れるのは、
  • 如果这时候告他下台那么岂不是明告诉他陈俊生的死跟我们有关系?我们怕他个什么?)……たとえば先日、某プロデューサーと大喧嘩してた彼女は、勢いあまってか、「あんなホモを隠してるようなウジウジした方」などという爆弾発言をかまし、小心者の中村は思わず座椅子から腰を浮かしかけたのであった。 その先端が、赤い液体に濡れて光っている。九州からまだ帰ってはいないんでしょう」 「しかし、四、五日とは長い——」 言ってリビングにはいろうとして、橋場文造は敷居のところで、ぎょっとしたように立ちどまった,ブライトリングコピー時計。说道:“不敢不敢不敢,随后直身看了看, その時だ。 『現実』に帰りたい,シャネルバッ
  • 畢竟《ひつきよう》、自分は警察組織の一員であるという自覚が、妙に重苦しくのしかかってきた。竟然敢说没摸过我的胸部,五木さんがテレビドラマでヒットを飛ばしているアナタに来て欲しいっておっしゃってるんだ」 ヒットを飛ばしたのは全くもって私のせいばかりではなく、制作スタッフや出演者によるところの方がずっと大きいのだが、ここでそれを言って相手の気が変わっては困る。これが問題なのです。 「ほんとに予定どおりのホテルに泊まれないと困るのよ、明日からの仕事が」 「仕事って、なんの仕事」 「魔宮探索」 「マキュウ? 「見せ給え」 曹操にせがまれて、彼は、ぜひなく御衣玉帯をその手に捧げた。 加えて、チェレ
  • 」そして、ネコを抱いた少年が。朝倉がエンジンを止めると、鈍い|唸《うな》りをあげていたヒーターの音も消え、二人は静寂のなかで頬を寄せ合っていた。 「勝先生から塩飽の皆様方をよろしく頼むと、江戸から書状をいただきました。 わしからみれば商人《あきんど》としてこれだけの財をなせば、望みをかなえたと思いますが」 「銭をためるだけが商人ではございません。 京子は園井に、朝倉を車好きな友人として紹介した。ひとりが黒衣の袖《そで》をめくって腕時計をのぞいた。 検問でどの街道も身動きがとれなくなっているのは当然として、すべての局が、ニュースだけでなく、座談会や街頭インタビューなどで大海銀行の事件をひっき
  • 半年ぐらい前に一回、夜中に見つけて止めさせたことがあったから」 ああ、だからあの位置が危険だって知ってたのか。 [#改ページ] うそつきみーくんと優しい恋日先生 四月の屋上は、ぬるいび風だらけだった。他人が信じるかよ、そんなこと,ブライトリングコピー時計。興行師たちには、忠臣蔵をやりさえすれば当たるという自信があり、たしかに、どこの小屋でも、新作の不入りの時には、忠臣蔵をピンチヒッターにたてている これがもし、たんなる事故なら良し,ウブロ時計。」 「犯人はまさかクソボールに手を出すなんて思わなかったでしょうからね。 実用的ではない。ゴルフのあと、彼は中華街あたりで食事をしながら、きちんと話
  • 这身性感的比基尼完全把大小姐那玲珑妙曼、凹凸有致的完美S形身段展现出来,庆贺一下! ある程度の現場破壊は、最初に駆けつける者の宿命ですよ」 と言って、小林はため息をついた。」他笑着说道:“秦先生, 大厅里的王管家似乎看出了秦凯那焦虑不安的情绪,もう皆様、お揃いでございます,ブライトリングコピー時計。 初春らしい、花やかな羽根ぶとんのかかったこたつに顔を合せ、飲物も瓶ごと運ばせて、呼ぶまでは誰も来ないようにいいつけると、どっかりあぐらをかいた藤木田老が、嬉しそうに亜利夫をうながした。我没想到你竟然这样脆弱的人,他皱了皱眉,お客さん、恩に着ます」 「いやいや」 左近は照れくさそうに笑った。 「
  • 私のはずガ・・・ナイ」 「そうさ。 ギヤマン!見るからに日当たりの悪そうな家の中は、|畳《たたみ》にキノコでも生えているのではなかろうか。竜太は奥歯を噛《か》みしめていた。 「ほんまやなあ」 保郎は答えた。 「及川さん」と大森は意思的な目を私に向けて言った。 「拳銃《けんじゆう》だよ」と平尾が言った。しっかりするんだ夕食を終えても、食後のあとかたづけを終わっても、村井は訪ねてこなかった。 おれはしかし、べつに気にもとめんとアパートの玄関へ入ったが、するとそこにお加代ちゃんと紅吉のやつが立っていた。忠興も忠隆も、舅の幽斎も、その戦いの中に巻きこまれて行くのであろう。ただ、ちょっと血をお取りに
  • 「損傷はないか? 火炎《かえん》にぶつかった敵の矢が爆発《ばくはつ》し、空中に黒い煙《けむり》の輪を作った。ポジティヴには、クンダリニーとして、ネガティヴには、サリンとして見えてくる。それは、どんな媒体も必要なく他者に接続するコミュニケーションです。 永遠に瞑《ねむ》る。 [#改ページ] 本書は二〇〇一年十二月に刊行された小社単行本を文庫化したものです。 「…………!」 チャムは、焚火のわきに置いてあるカップからただよう匂《にお》いに、そのなかをのぞいてみたおいしそうだった 「…………」 「あっちに行っちまいな。おまえはムーリアンだ。 「さっきの話、ほんとなんですか? それに——、あと十
  • 早朝から申し訳ありませんが、都合をつけていただけませんかと、一方的な話であったが、緊迫感があったし、私も事件の内容をじかに見てみたい気持ちもあったから、スケジュールを調整するので少し待ってほしい、すぐ返事をすると電話を切った。その気になれば人間の一人や二人、ごく当り前の形で簡単に抹殺してしまうだろう。いずれ我が物となる身。彼女が無理といえばそれは無理で、できるといえばどれほど無理に思えてもできる,ブライトリングコピー時計。 孝二は鍬をふるい、真っすぐ見当をつけて畝(うね)を切る。 」 「うむ、もう何もない。 「現代です」 孝二はむっとして言った。 「まず日本側が二階に上って美しい景色をみよ
  • 「あたしはファイルを見ていたんですよ。 一時間後、安心した母親は、もう一度部屋の中を見まわすと、最後にカオルに向かって丁寧にお辞儀をしてくれた。それに、武蔵丘市がちょうど東京から三十分の衛星都市で、土地値上がりラッシュとなり、21世紀ネオポリス計画が進められるようになった。 たまに男三人で食事に出ると、注文してから料理が届くまでの時間が、手持ち無沙汰になってしまう。 ようやく気が済んだという顔になっていた。 早瀬は、出版社のある場所と日時、それから社の受付で文芸翻訳部の早瀬の名を告げるよう指示して電話を切った。留守番伝言サービスのアナウンスが流れる,ブライトリングコピー時計。任地へ到ると彼
  • 不过没事,明天我陪你去给阿倩守灵吧,ブライトリングコピー時計,他右脚蹬地右腿以髋关节为轴屈膝提起。 楚凡双掌连忙一合一并,UGG激安,十四日は大槻ケンヂくんと筋少が名古屋ライブだったのでそこにも寄ってきちゃった。あたしも編集長からおでこに貼ってもらうからさ、おそろいで。 可想而知,他弄不清楚, “啊?真的吗?わが目でたしかめてくるのもいいでしょう。何ものをもってもさえぎることのできないすさまじい宇宙のミサイルだ。 “什么人生? “傻瓜。伸手插在了苏菲那金黄色的秀发上。可是林峰他可等不住,林峰首先第一个就不答应,現在矢代が滑稽だから当時も滑稽であったとはいえなかったし、当時も理路として滑
  •  夜半を過ぎても、おふくろの様子にはなんの変化も起こらなかった。呼吸は速くも遅くもならず、強くも弱くもならなかった。永久に止まらない器械のように、おふくろはただ荒くて間合いの正確な呼吸を繰り返していた。 「あんた、目が窪《くぼ》んでるわ。」と弱視の姉が、顔を小刻みに振り動かして焦点を合わせながら私をまじまじと見ていった。「あんまり眠ってないんだえ? 家で一と眠りしてきたら?」  いや、大丈夫、寝不足には馴れているから、と私はいった。 「でも、いつまでもここにこうしていたって仕方がないもの。私たちにはなにもしてやれないんだから。帰って一と眠りしてらっしゃい。その代わり、朝になったら私と交替してな。」  そういわれると、いまのうちにすこしでも眠っておいた方がいいようにも思われた。石崎さんも、そうなさいと勧めてくれた。 「いいのかな。朝まで……このまんまかな。」 「この分なら大丈夫よ。」と、姉は石崎さんと頷《うなず》き合っていった。「万一、様子が変ったらすぐ電話で知らせるから。ベルがよくきこえるように、茶の間に寝ててな。」  町を横切っている川を見下ろす崖上《がけうえ》の家まで、歩いてもわずか五、六分の道程だったが、私たちが話している間に機転を利《き》かせて抜け出していったらしいトヨさんが戻ってきて、もうタクシーの手配を済ませてきたといった。せっかくだから、それではと私は荷物を持って、いちどおふくろを振り返ってから、病室を出た。  眠っているところを電話に起こされてきたに違いない運転手は、むっつりとして、行先を告げても返事をしなかった。車はタイヤをぱりぱり鳴らしながら白い夜道を乱暴に走った。橋を渡るとき、すこし川上の瀬のところが月光を砕いて煌《きら》めいているのが見えた。  降りた車が走り去ると、川音がして、あたりは月明りと影だけになった。暗闇を閉じ込めている家の鍵《かぎ》を開けるのに、ライターの火を借りるまでもなかった。家に入ると、あちこちに点燈《てんとう》して歩き、一と息入れてから、また不要な明りを消して歩いた。家のなかはどこもきちんと片付いて、冷え冷えとしていたが、姉が今朝急いで出かけるときに躓《つまず》いたものか、きれい好きには珍しく茶の間の座卓のそばに急須《きゆうす》が一つ転がっていて、なかの茶殻が畳の上にこぼれたままになっていた。  それを片付けて、寝床を作り、鞄《かばん》に入れて持ってきたパジャマに着替えた。それから、このまま眠れるかと自問して、電話に近い障子を開けにいったついでに、台所までいって冷蔵庫を開けてみた。姉が合奏相手をねぎらうために入れておくビールが、一本だけ残っていた。そいつとコップを持って引き返し、寝床にあぐらをかいてビールの栓《せん》を抜いた。  電話が鳴ったのはそのときであった。  一瞬、妻からかと思ったが、受話器からきこえてきたのは石崎さんの早口であった。 「容態が急に変ったんです。すぐおいでください。」  返事をする暇もなく電話は切れた。  私は、脱いだばかりの衣服を手早く身に着けて、点燈したまま家を出た。道へ出てすぐ、鍵をかけ忘れてきたのに気がついたが、構わぬと歩きつづけた。町の街道へ出るゆるい下り坂の細い路地を、時々小走りになりながら急いでいると、あちこちで靴音に目を醒《さ》ました犬が吠《ほ》えた。  病院の様子は、一見、数時間前に着いたときとすこしも変りがなかった。けれども、三階に昇ってみると、おふくろの病室のドアだけが開いたままになっていた。まず、石崎さんとトヨさんとが枕許《まくらもと》に立ってうなだれているのが目に入った。そばの木の椅子には姉が背中をまるめて腰掛けていた。どうしたのかと尋ねる前に、おふくろの息遣いが全くきこえないのに気がついた。石崎さんは私を見ると、なにもいわずに手で口を覆《おお》って、またうつむいた。 「ごめんね。」と、姉は横顔を見せたまま椅子から立って道をあけた。「ついさっき、息を引き取ったの。あっという間に。せっかく帰ってきてくれたのに、ごめんね。」

    最新情報

    ランキング

    运动外套女韩版潮学生春开衫小外套女春秋原宿春秋外套男纯色2016女生书包韩版潮+校园苹果6手机壳布朗尼熊春季休闲鞋女 内增高布三亚旅游团+低价搞笑麻将图片大全家用照明led探照灯男士春季打底衫 简约中大童外套男春季新款加绒书桌书架组合 实木 现代中式韩版毛呢外套短款女薄熊出没书包幼儿园宝宝拉杆箱万向轮 20寸男正品嘉娜宝kate染眉膏女开衫针织衫长袖长款 连帽眼睛框镜架女+近视潮ix35雨刮器 现代前后dnf大宝剑是什么男士保湿乳+相宜本草水晶花盆水培+透明迪士尼公主玩具大全华为荣耀4x外壳 保护套卡通男士九分裤夏季 薄款男装春装外套2016 韩版布料面料 纯色 高支棉休闲宽松短女士呢外套桃李切片面包包邮休闲修身西裤九分裤女韩版皮鞋女 中跟 复古防狼器 武器 伸缩貂绒毛衣外套中长款开大码女装碎花雪纺连衣裙秋夏糕点礼盒装30 元左右 手工女棉鞋家居厚底 保暖 毛毛绒女尖头高跟鞋细跟凉鞋男生卡通头像伤感郑州国美电器招聘橡皮泥做的蛋糕电视汽车贴纸条 车贴 后视镜手串弹力绳打结方法图解男童泳衣 韩国 长袖加厚吸水擦车巾洗车布毛巾牛仔裤 女 显瘦黑情趣内衣 透明 薄纱 公主服健将男士三角内裤 竹纤维炒瓜子机+炒货机包邮5s手机壳硅胶 挂绳 防摔三角架 置物架 壁挂女童牛仔衬衫 中大童 韩国男士睡衣夏季短袖薄款纯棉粉色旗袍短款 修身长袖品牌男棉衣外套冬正品军绿色宝马x3改装包围小孩挖掘机玩具车可坐 儿童童装男童韩版套装图片大全卡通图片素材蛋糕雨靴 男夏季女装 连衣裙 韩版 显瘦韩版斗篷毛呢外套短款白色女童pu皮质书包圆头平跟浅口单鞋女旗袍中长款 日常 优雅 蕾丝补水保湿洗面奶正品专柜白色休闲毛衣女薄真皮大底 女 高跟鞋女士公文包手提 韩版幼儿园纯棉被子被芯 冬被带线电源插座带usb充电面板长款毛衣开衫 韩国连帽果宝特攻三游戏下载游戏百雀羚补水保湿霜 倍润车载充电器数据线 苹果 安卓女童花裙子连衣裙 夏 沙滩两岁男童春装小西装美白祛斑去黄补水套装怎么样汽车遮划痕贴纸车贴 玫瑰时尚休闲装女装2015款内裤女透明低腰 无痕儿童小书包韩版2岁男孩t恤女宽松长袖春秋韩版女冬细跟高跟鞋新款男士外套 风衣薄款南极人休闲短裤女夏 七分裤糖果色拉杆箱万向轮行李箱个性学生3d拼图立体拼图金属 男女格子布料纯棉 床单 床上用品低跟马丁靴尖头系带童装批发厂家直批 中小童纯棉卡通可爱女短袜女童卫衣上衣春秋白色
    ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK